FC2ブログ
08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

ガンプラ道 徐行中

ガンプラやジオラマをゆっくりまったり作ったり作らなかったり

 

GBWC2018 サラミス艦橋 ジオラマ 

GBWC2018 サラミスの艦橋を制作します。

キャプテンシートは一段高いところにあります。
プラ板を箱組みしていき、まずは大まかに形を作っていきます。
IMG_5842.jpg

前はこんな感じ。
IMG_5844.jpg

ディテールを加えていきます。
IMG_5849.jpg

クレーン的なパイプのディテールが結構お気に入りです。
IMG_5857.jpg

オペレーターのデスクもプラ板で作成しました。
IMG_5878.jpg

同じのを2つ作るのが面倒でしたw 同じサイズのパーツを2つずつ切り出しながら同時進行で2つ作りました。
IMG_5866_2.jpg

キャプテンシートのクレーンには手すり的なものがあるので、真鍮線を組み合わせます。
まずは切り出し。
IMG_5851.jpg

ハンダづけで組み上げ。直角、平行をきちんとしないと精密さがでないのですが、ハンダ付けがどうにも苦手で苦労しました。
IMG_5863.jpg

手すりパーツを設置。精度がきついですがなんとかごまかしましたw
IMG_5869.jpg

フロアは2mmのプラ板をベースに作成しました。
IMG_5881.jpg


(・・・中略  作業に没頭すると写真をとらない あるある)


はい、塗装で完成w
IMG_5927.jpg
サイズ感がわかるように指を入れてみました。

横から。
IMG_5935.jpg

サラミス艦橋 全景です。
IMG_5903.jpg

次回は人物(フィギュア)の作成について書きます。

Category: GBWC2018

Thread: ガンプラ制作

Janre: 趣味・実用

tb -- : cm 2   

GBWC2018 サラミス艦橋のシートのスクラッチ 

GBWC2018 シャアザクと対峙するサラミス艦橋の内装を作ります。

1/48のサラミス艦橋のキットは残念ながらないので、スクラッチで作成していきます。
IMG_5799.jpg
1/48のフィギュアと比較しながらサイズを決めて、プラ板を箱組みします。
ちょっと複雑な形状の箱組みで便利なのは、WAVEのプラ・プレート(目盛り付き)です。

ウェーブ プラ=プレート 【目盛付:ホワイト】 B5 グレー 0.3mm



↑これは0.3mmですが今回は0.5mmを使用しました。

背面は1mmプラ板で箱組みして組み合わせます。
IMG_5801.jpg
若干隙間があいたときはエポパテで埋めてヤスリで整えます。

そんな感じで細かいパーツを同様に箱組みやプラ板カットで組み合わせていきます。
IMG_5806.jpg
ヘッドレストの部分は5mmプラ棒を削って形を整えました。
小さいですが、各所にC面をヤスリで作ってあげるとそれっぽいデザインになります。
背面のパイプはハンダを使っています。真鍮線などに比べてやわらかくて加工しやすいです。
IMG_5804.jpg

サイズ感はこんな感じです。指との比較。
IMG_5809.jpg

↑はオペレーター用のシートでしたが、キャプテン用のシートも作りました。
こんな感じ。THE ORIGINのアニメのシーンを資料として作成しました。
IMG_5820.jpg

シートの並べたイメージ
IMG_5827.jpg

斜めから
IMG_5834.jpg

塗装して・・
IMG_5886.jpg

最終的にはこんな感じでブリッジ内に配置されます。
IMG_5796.jpg

引き続き、ブリッジ内の他のオブジェの制作過程も載せていきます!

Category: GBWC2018

Thread: ガンプラ制作

Janre: 趣味・実用

tb -- : cm 0   

GBWC2018 完成! 応募写真 

GBWC2018 今年も参加します。
参加作品はかねてから制作していたメガサイズ・シャアザクです。

タイトル 「赤い彗星の恐怖」

ルウム会戦のサラミスのブリッジの前に突然現れたシャア専用ザク。
直感的に死を覚悟するサラミスのクルーたちの恐怖を表現しました。

シャアザクがなぜ通常の3倍速いのか、を自分なりに解釈して
シャアザクである範囲内でオリジナリティを出しました。
メガサイズの広い面の塗装は大変でしたがMSの巨大感がでるように頑張りました。


(応募写真1)
GBWC2018_1.jpg

(応募写真2)
GBWC2018_2.jpg

(応募写真3)
GBWC2018_3.jpg

以上が応募写真です。
毎年のことですが3枚選ぶのは大変でした。今年は400枚ほど撮影しそこから3枚を選びました。

最後まで迷った1枚がこれ。まあ1枚目とほぼ同じなんですが、自分の中では迷いましたw
IMG_6063_3.jpg

アピールショット(3枚目)の候補として迷ったのがこれ。
IMG_5866.jpg
思いっきり赤くして雰囲気はいいと思うのですが、さすがに模型を見てもらうという観点から暗すぎるなと没にしました。

今後はこのブログでさかのぼって、ほぼフルスクラッチのサラミスのブリッジ制作記を書かせていただきます。
そちらもよろしくお願いします。

Category: GBWC2018

Thread: ガンプラ制作

Janre: 趣味・実用

tb -- : cm 0   

メガサイズザク デカール、ウェザリング 

メガサイズ・シャアザクの作業、塗装が終わったのでデカール作業です。

肩のデカールはこんな感じ。
IMG_5748.jpg
キットについていた水転写デカールです。カッコイイし、設定上も正しいw

自作したバズーカにもデカール。
IMG_5745.jpg
モノが大きいので、合うデカールを探すのも大変です。

いつも使っているデカールが相対的に小さくなります。
個人的にはそれがうれしいです。警告表示って人間が読めればいいので実際はそんなに大きくないはずなんですよね。
IMG_5764.jpg
HGとかMG作っているときはいつももっと小さいデカールあればいいのに、と思ってます。

デカールを一通り貼ったところでトップコートを一度吹きます。
つや消しにするか半光沢にするか悩みましたが、今回は半光沢に挑戦です。
いつもつや消しにすることが多いのですが、大きいスケールだし少しツヤがあったら巨大感、金属感が出るかなーと。

で、コートのあとにウェザリングをします。
今回の設定上の理由であまり派手には汚しません。
多少の使用感、質感を表現する目的でウォッシングをかけます。

毎度おなじみMr.ウェザリングカラーの黒、グレー、ブラウンを中心に筆で雑に塗っていきます。
IMG_5771.jpg
スジボリへのスミ入れも兼ねています。
フィルタリングは塗るときよりも拭き取るときに気を遣います。
ジッポオイルを綿棒につけて方向を意識しながら拭き取っていきます。

面積が広いので綿棒がどんどん消費されていきます。
で、こんな感じに質感を出していくことにしました。
IMG_5778.jpg

これを全身やっていくのは気が遠くなりましたがなんとか進めていきました。
新しい綿棒のパックを開けたのにもう8割方使ってしまいました。

IMG_5971.jpg
というわけで、長くかかったメガサイズの制作ですが、完成に近づきました。
あとは最終調整です。

一旦ザクは置いておいて、次はジオラマの作業に入ります。

Category: メガサイズ・シャアザク

Thread: ガンプラ制作

Janre: 趣味・実用

tb -- : cm 0   

メガサイズザク 塗装 

久しぶりの更新になりました。
メガサイズザクは塗装に入っております。

まずは色の選択。 大きくて塗り直すのがイヤなので色選びは失敗しないようにあらかじめ
コンビニのスプーンで試します。
IMG_5601.jpg
色々と悩んだ結果、クレオス Mr.カラーの「赤」でいくことにしました。
テレビ版ファーストガンダムでのシャアザクはどちらかと言えばピンクですが、ジ・オリジンのシャアザクに近い雰囲気にします。

まずは盾を塗ってみます。
IMG_5604.jpg
金属っぽさを出すのに、ガイアノーツのガンメタル。いい色です。
IMG_5605.jpg
絶妙な光沢でディテールが映えます。

赤はこんな感じでどんどん塗ります。とにかくひとつが大きいので大変です。
IMG_5609.jpg

頭部のパーツが左右から合わせる構成なのですが、塗装の順番の関係もあり、本塗装(赤)を塗りおえてから組んだのですが、一番目立つ鼻のところに合わせ目が出てしまいました。
というわけで、しかたなく組んだあとに合わせ目を消して、サフからやりなおし。
IMG_5612.jpg
赤の塗装をして・・・ 合わせ目が無事消えました。
IMG_5614.jpg

塗装が一通り済んだので組み上げてみます。きちんと乾燥したあとの赤は思った以上に落ち着いた感じでよかったです。
IMG_5632.jpg

頭部も塗装完了。
IMG_5642.jpg

このあと詳細部分を筆で塗装して、デカール作業へと進みます。

Category: メガサイズ・シャアザク

Thread: ガンプラ制作

Janre: 趣味・実用

tb -- : cm 0