04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

ガンプラ道 徐行中

ガンプラやジオラマをゆっくりまったり作ったり作らなかったり

 

メガサイズザク 胸 

メガサイズザクシャアザク制作、今日は胸部の工作です。

胸の形状、HGオリジンザクの形がカッコイイ。
↓こんな感じで出っ張り位置を上に上げます。
IMG_4601.jpg

実はあまりパテを盛る工作はやりません。
苦手なのにこんなに目立つところにパテを盛る不安感・・・。
IMG_4849.jpg

そしてゴリゴリとヤスリで削って形を出します。
IMG_4853.jpg

ディテールパーツを設置するために溝を掘ったりして整えます。
IMG_5167.jpg

細かい装飾を入れていきます。
IMG_5182.jpg

色塗らないとわからないなぁ・・・。

Category: メガサイズ・シャアザク

Thread: ガンプラ制作

Janre: 趣味・実用

tb -- : cm 0   

メガサイズザク バズーカ・マガジン 

メガサイズザクの作業が続きます。

今回作るのはバズーカのマガジンです。
IMG_4587.jpg
上の写真はHGオリジンシャアザクのものです。
メガサイズのザクにはバズーカがついてません。当然マガジンもありません。

というわけで、プラ板でフルスクラッチします。
同じものを3つ作るので、こういうときに便利なのがカッティングプロッターです。

グラフテック シルエットカメオ3 silhouette cameo3



私が持っているのはシルエットカメオ2ですが・・・

名前は「カッティング」ですが、実際にプラ板は0.3mmの以上厚いものは切れません。本来はシールなど紙を切るものですので。
プラ板の表面をけがくだけです。それでも同じ形状に自分で何個もけがくことを考えるととても助かります。

プロッターでけがいたプラ板を自分でカットします。
IMG_5144.jpg
これはこれでかなり骨の折れる作業でした・・・。

このプラ板たちを組み上げていくのですが、なんといってもこれが役に立ちました。

Mr.セメントSP(スーパーパワー) cmMC131 スキマに流しこんで使用する無樹脂タイプのセメントに待望の新商品



速乾なのでどんどん組み立てていけます。通常の接着剤と組み合わせながら箱組みを進めていきます。

・・・で、途中の写真がいっさいないことに気づきましたがww

はい、組み上がり。右の小さいのはHG(1/144)のマガジンです。
比べるとさすがメガサイズ、大きい。
IMG_5150.jpg
1/48なので長さ比で3倍、面積比9倍、体積比27倍ですw

多少はディテールも入れました。
IMG_5149.jpg

盾に2つ装着し、3つめはバズーカ本体に装着されます。
IMG_5153.jpg

バズーカもないので作らなくては・・・ 気が重いw

Category: メガサイズ・シャアザク

Thread: ガンプラ制作

Janre: 趣味・実用

tb -- : cm 0   

メガサイズザク 左肩 

メガサイズシャアザク 左肩のディテール作業です。

元キットはこんな感じ。
IMG_5089.jpg
元からディテールは結構はいっているのでわりといい感じ。これをどう改修するかは悩みます。

とりあえず気になるところとして装甲の内側に謎のハリが入ってます。ここは普通に見えちゃうところだと思うのでまずはこれをどうにかしようかと。
IMG_5087_2.jpg

というわけで、毎度おなじみ超音波カッターでざくっと除去。
IMG_5090.jpg
大きいのでカッター跡をやすりでならすのが大変でしたがなんとか除去できました。

裏側の面がやすりで削っただけだとメカ感がないのでプラ板を貼ってそれっぽくします。
IMG_5092.jpg
0.2mmや0.3mmの薄めのプラ板(プラペーパー)で曲面に合わせて貼りました。

「トゲ」は思い切って切り離してみます。これも超音波カッター。
IMG_5091.jpg

切り取ったトゲを裏側から差してみるといい感じの形状になったのでこれでいきます。
IMG_5093.jpg
右上のトゲの先の緑は、HGサンダーボルトザクの肩のトゲを持ってきましたw

反対側の装甲裏にもハリがあって除去するかどうか悩みましたが、逆に残してそこにディテールを詰めてみることにしました。
IMG_5096_2.jpg
宇宙空間での細かい姿勢制御のために全身に小さなバーニアがついているという設定です。

工作しているときは楽しいのですが、わりと一体成形で進めてまして
塗装時の塗り分けについてはあまり考えてないので怖いです。
マスキング嫌いなのにw

Category: メガサイズ・シャアザク

Thread: ガンプラ制作

Janre: 趣味・実用

tb -- : cm 0   

メガサイズザク 手 

メガサイズザクの手の加工をします。

キットの元の形状はこんな感じ。メガサイズのコンセプトとして簡単組み立ての設計らしいので、パーツ数は少なめ。
IMG_5038.jpg
もちろん指は動きません。 この形状はアニメ的には問題ないと思いますが、自分の趣向としては
「メカっぽく」という方向で手を入れます。

指関節部分を超音波カッターで切り取り、ヤスリをかけます。
IMG_5046.jpg

第1関節のほうも同様に切り取ります。
IMG_5047.jpg

プラ板を細かく切って接着剤で組み、関節部分のメカをなんとなくそれっぽく作ります。
IMG_5048_2.jpg

左手は握りこぶし形状です。
IMG_5050.jpg

右手は武器を持つ形状です。
IMG_5058.jpg

左右の手を関節の数だけ作業していくので、若干途方もない気持ちになりましたが・・・
IMG_5058_2.jpg
なんとか頑張って作業を進めました。 左側が加工前、右が加工後です。
IMG_5058_3.jpg
いろんな角度の写真を掲載します。
IMG_5058_4.jpg
IMG_5058_5.jpg
早く塗装したいですが、まだまだ作業があります。
次はボディの工作をやろうかな。

Category: メガサイズ・シャアザク

Thread: ガンプラ制作

Janre: 趣味・実用

tb -- : cm 0   

メガサイズザク 盾 

メガサイズザク、盾の工作をします。

元の造形が思った以上にざっくりで、いろいろと手を入れたいと思わせます。
IMG_5059.jpg IMG_5060.jpg

特に肩との接続部分が一体化された形状なので、大胆に超音波カッターで切り離します。
IMG_5064.jpg

「接続されている感」が出るようにジャンクパーツを組み合わせてディテールを作っていきます。
IMG_5078.jpg

接続部以外のところはあまり密度を上げずそのままにしておきます。
IMG_5085.jpg

アームのような部品はMG陸ガンのふくらはぎのビームサーベルを格納する機構のパーツです。
IMG_5083.jpg

腕と接続するとこんな感じです。奥まったところがごちゃっとなってればいいかなと。
IMG_5079.jpg

Category: メガサイズ・シャアザク

Thread: ガンプラ制作

Janre: 趣味・実用

tb -- : cm 0