FC2ブログ
07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

ガンプラ道 徐行中

ガンプラやジオラマをゆっくりまったり作ったり作らなかったり

 

MG キュベレイ 完成 

またしても久しぶりの更新です・・・ キュベレイの記事途中のまま止まってました。

というわけで、完成写真を掲載します!
IMG_7461_Original2.jpg

後ろ。背中や足首、肩の内部など各所ディテールアップしています。
IMG_7504_Original.jpg

今回のポイントである背後のファンネルコンテナです。ファンネルは爆撃用に増設され50個あります。
IMG_7493.jpg

肩パーツは情報量を上げすぎず、フィルタリングで広い面の表情をつけています。
IMG_0042.jpg

肩の内部に隠し腕を4本仕込みました。後継機(?)たちにも隠し腕があってチラ見えするとカッコいいかなと。
IMG_0043.jpg


こちらのキュベレイ、ガンダムホビーライフ(GHL)017の荒川直人先生とのコラボ企画で
ジオラマ用の作品として制作をしておりますが、単体作品としても紹介していただいています。

IMG_0757.jpg



完成写真はここまでですが、塗装工程についてちょっと書きます。

悩んだのがカラーリング。
目指したい「兵器らしさ」と「キュベレイらしさ」のはざまで悩みました。
取説の線画を取り込んで、いろんな色に塗ってみます。
qubeColor.jpg
左上が確定版ですが、他にもいろいろ候補があって悩みました。

デカール工程中の写真。デカール貼りは割と好きな工程です。
IMG_9986.jpg

フィルタリング工程。Mr.ウェザリングカラーで汚しを入れています。
IMG_0003.jpg

フィルタリングのコツは、ふき取るときに「どう残すか」を意識しています。
綿棒をまめに交換しながら拭き取っていきます。 ↓実際に使用した量はこれの倍くらいかな。
IMG_9995.jpg

無事、締め切り前に仕上げることができました。
IMG_0050.jpg
編集さんに送って単体作品としての撮影を終えた後、荒川先生に送られました。
制作期間中、一切荒川先生との打ち合わせはなしという企画のため、この作品を受け取ったときに
どういう反応があるのかドキドキしながら送りました。

2か月後、ジオラマに設置されたキュベレイの写真が荒川先生から送られてきました。
かっこいいーーー!!
IMG_0487.jpg
すみません、あえて小さい写真にしております。ジオラマの完成写真は誌面にてご覧ください。

ちなみに2021/4/18現在、ららぽーと横浜の文教堂ホビーさんにジオラマ作品が展示されているそうです。
よろしかったら実物を見ていただけたら嬉しいです。
実は、コロナ禍で私もまだ完成した実物を見られてないので、近いうちに見に行こうと思っています。


Category: MG キュベレイ

tb -- : cm 1   

MG キュベレイ 制作 (3) 

MGキュベレイ制作 その3です。

前回、肩パーツの表側は紹介しましたが、裏側はこんな感じになっています。
IMG_9931.jpg
元のキットは意外とあっさりめのデザインになっているので、ボリュームアップする方向で
ジャンクパーツを選んでつけてみました。
上の黒いパーツはRGシリーズの何か(w)の足のフレームです。お手軽に情報量があがるので
メカチラ見え部分によくRGのフレームは使います。設定的にはキュベレイ系後継機(クシャトリヤとか)には隠し腕があったりするのでその流れでつけてみました。

バーニアは元キットの3連デザインを活かすかたちでプラパイプとバンダイのビルドパーツを組み合わせ作成しました。
まぁ、たぶんチラッと見えるくらいなのでこんな感じで大丈夫かなと。

続いて、この作品のキモとなるお尻部分のファンネルコンテナの工作です。
今回のテーマとして「ファンネルが増設された重爆撃キュベレイ」なので
とにかくファンネル数を増やさないといけません。

とりあえず割ってみる。
IMG_9929.jpg

間にはさむパーツを本体との接続部分もあわせて作ります。接続部分はネオジム磁石にして脱着可能に。
IMG_9933.jpg

ファンネルをマウントするパーツはプラ板を大量に切り出してひとつひとつ接着。
大変だけど意外とこういう作業は嫌いじゃないですw
IMG_9948.jpg

プラ板切り出しに欠かせないツールは、スジボリ堂さんのRPカッター
RPカッターの詳細はこちら
なかなか在庫がなくて購入が難しいですが、同じサイズで大量生産するには欠かせないツールです。

ひっくり返すとこんな感じ。びっしり収納できるように等間隔でフレームを作成します。
IMG_9951.jpg
これだけでも想定数よりは少ないかなと思うので左右にも拡張コンテナを追加します。
そのためのフレームは完全にプラ板でスクラッチ。(いい感じのジャンクパーツ探しましたが、ぴったりのものはなかなか見つからないですね。結局作るのが一番早いし求めるサイズになります)

左右のコンテナは、HG Gセルフ・アサルトパックからいい感じのパーツを見つけました。
ディジェの肩もアサルトパックのパーツでした。優秀w
IMG_9938D.jpg

そしてディテールとファンネルの基部を追加しました。
IMG_9956.jpg

裏から。我ながら頑張りましたw
IMG_9958.jpg

ここに50個のファンネルをマウントしていきます。

Category: MG キュベレイ

tb -- : cm 2   

MG キュベレイ 制作 (2) 

MGキュベレイ制作 その2です。

胸部の工作、気になったポイントとしてはヒートシンク(?)が分厚くて数が少ない。
部位的にも作品の印象を大きく決めるところなので、シャープ感を出すために
ヒートシンク部分を自作のものに置き換えることにしました。

いわゆる、しいたけというやつですね。
こういう同じパーツを切り出すとき、スジボリ堂さんのRPカッターが本当に便利。
もうこれなしではプラモを作れないと言っても過言ではありません。
IMG_9894.jpg

超音波カッターでばっさり。(ドキドキですが・・・)
IMG_9896D.jpg

取り付けた感じ。狙った感じになったと思います。
IMG_9899.jpg

背後もパイプを置き換えたり情報量を増やしたり。
IMG_9914.jpg

腰パーツも思い切って開口。超音波カッターの切り口はこんな感じで汚いですw
やすりで整えてディテールを詰めていきます。
IMG_9890.jpg

胸部、腹部の工作。
IMG_9909.jpg

頭と腰をつけてバランスを見ます。
IMG_9920.jpg

腰のパーツはかなりざっくりな形をしているので・・・
IMG_9966.jpg

パーツを割ってディテールを追加。
IMG_9969.jpg

キュベレイといえば特徴的な肩パーツ。
IMG_9917.jpg
あえて、広い面は残してポイントに細かいパーツを組み込みます。

観戦模型の砲塔ですw お手軽に繊細さが出ます。
IMG_9917-2.jpg

反対側の肩も同じ。
IMG_9919.jpg

部分的に開口してその下にメカがチラ見えします。
IMG_9919-2.jpg

広い面と細かいディテールのバランスを考えながら、(今回は締め切りがあるので)
効率よく進めていきます。

Category: MG キュベレイ

Thread: ガンプラ制作

Janre: 趣味・実用

tb -- : cm 0   

MG キュベレイ 制作(脚) 

2020年3月のことです。なんとも驚きの連絡がLINEに届きました。
尊敬するWildRiver荒川先生からGUNDAM HOBBY LIFE(GHL)のコラボ企画の
単体作例を作ってみないかというお話でした。
単体モデラーの作品に対して荒川先生がジオラマを作ってコラボするという企画です。

GHLは私はずっと一読者として購読していて、荒川先生のコラボ企画も毎回
楽しみにしていました。そこに自分の作品が載せてもらえるなんて、夢のような
話ですが、逆に自分でいいんだろうかという怖さもありました。

しばらく考えましたが、このような機会は今後もうないかもしれないと思い
謹んでお受けすることにしました。

荒川先生は私が模型趣味を始めてすぐに、ネットで作品を拝見してファンになりました。
作品集を買い、展示会で作品を見てあこがれの作家さんでした。
自分が展示会に出るようになり、打ち上げでいらっしゃったのを人を介して紹介して
いただきました。とても気さくな方で作品の感想をいただいたり、オフ会の席をご一緒
させていただいたりで交流させていただいています。
さまざまな人の縁に恵まれて本当にありがたい限りです。

結論としましては、2020年8月31日発売のGHL 017 に掲載させてもらっています。
ジオラマ作品はもちろん、単体ページも掲載していただきました。
また、コラボ制作座談会も記事がありますのでぜひご覧ください。
IMG_0757.jpg
(表紙がめちゃかっこいい)


企画のルールとしては、最初一度きりの打ち合わせだけで、そのあとは
進捗の共有も質疑応答もなし、単体が完成したら荒川先生に送って
ジオラマ制作のターン、という流れです。

1度きりの打ち合わせで荒川先生からのオーダーは
・キュベレイ
・重爆撃機タイプ
・ファンネルはピンポイントで誘導できる爆弾
・目標に落とせればいいので強いニュータイプの能力は不要
・ファンネルの数が通常よりも拡張されている
という感じでした。

このお題からイメージを膨らませて制作を開始しました。

座談会でも話をしたのですが、そもそもキュベレイを作ることは一生ないだろうと
思っていました。個人的なモビルスーツへの思いとしては、あくまで兵器であり
形状には意味があり、機能がある(あってほしい)と思っています。
その点でいうとキュベレイの形状はなかなか解釈が難しく、作ってみたいとうい
気持ちがありませんでした。

とりあえずMGキュベレイを仮組して考えます。
IMG_9851.jpg

この形状。これをどうやって「兵器」にするかが今回のテーマとなりました。
IMG_9846.jpg

迷っているだけでは進まないので、いつものメカチラ見えのために各所の走行を分割していきます。
IMG_9869.jpg
超音波カッターでザクザクと刻んでいきます。

IMG_9872.jpg

隙間にメカディテールを詰め込みます。
IMG_9884.jpg

キュベレイの全パーツの中で一番解釈を悩んだのが、かかとのパーツ。
ピンクのかたまりの謎形状。「モチ」と呼んでましたw
IMG_9961.jpg
若干のスジボリとプラパーツの追加で、こんな感じかなと・・
かかとはEz8の足パーツを取り付けて、ハイヒール化。ダムド風のシルエットになればと。

パーツ分割はこんな感じで、隙間を作ってそこにディテールを詰めていく方針です。
IMG_9882.jpg

装甲内側のメカを追加して、密度を上げていきます。
IMG_9879.jpg

ひざの横のディテールアップ
IMG_9887.jpg

プラパイプの輪切り作業は結構好きです。
IMG_9877.jpg
切断面を見せることで精密さが出せるので、効果的な気がします。

次回は引き続き工作の記事を掲載しようと思います。



Category: MG キュベレイ

Thread: ガンプラ制作

Janre: 趣味・実用

tb -- : cm 0   

MG グフカスタム 完成 

MGグフカスタム完成写真です。

03_face.jpg

042_side.jpg

01_back.jpg

04_back.jpg

02_side.jpg

05_foot.jpg

今回のコンセプトは、グフカスタムをグフカスタムとして制作する、でした。
割と今までの作品はオリジナルの物語を作って、自分スピンオフ設定のMSを作ることが多かったですが
ノリス・パッカードのグフカスタムとして作りました。
アウトラインは大きく変えず、アニメではオミットされている18mの兵器としてのディテールを想像して
制作しました。なかなか楽しい制作となりました。

この方向性でいろんなモビルスーツを作ったら楽しそうだなーと思います。
無限に楽しめるなw


Category: MG グフカスタム

tb -- : cm 2