10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

ガンプラ道 徐行中

ガンプラやジオラマをゆっくりまったり作ったり作らなかったり

 

1/100 サンボルFAガンダム 完成画像 

1/100 サンダーボルトFAガンダム かなり前に完成してましたが、単体で撮影できてませんでした。ようやく時間がとれて撮影できました。

要素が多くてまとまりませんが、こんな感じです。
MG_TBFAG_front.jpg
もともとジオラマ用で作ったのでポージングのために肩の関節は固定しちゃってます。
なのでもう素立ちができないのは残念。

胸部のアップ。本体はMGサンボルFAガンダムを使っておらず、MGオリジンガンダムがベースです。なので装甲はほとんどがプラ板です。
頭のうしろの金色の部分は人工衛星的な装飾を模してみました。
MG_TBFAG_front_up.jpg
肩のパーツは、MGジェスタからの流用です。

後ろ姿。二本足で自立しているのが奇跡w。
MG_TBFAG_back.jpg

バックパックと装備はMGサンボルFAガンダムのものを使用しています。
MG_TBFAG_back2.jpg

顔のアップ。頭頂部のアンテナがお気に入りです。真鍮線をつかっています。
MG_TBFAG_head.jpg

右手の二連装ビームライフル。キットの形状をベースにディテールアップしています。
MG_TBFAG_ARM_R.jpg

シールドはわりとそのままです。もう少しダメージ入れてもよかったかなぁーと思ったり。
MG_TBFAG_ARM_L.jpg

脚の装甲もMGジェスタのパーツを使っています。原作のアーマーの形状とは全然違いますが、色を塗ったらそれっぽくなったかなとw
スラスターの位置と数は元のデザインに合わせています。
MG_TBFAG_LEG.jpg

右肩の装備はこんな感じでつくってます。
MG_TBFAG_SHOULDER_R.jpg

ながーいプロペラントタンク、元キットは割とシンプルなのですが、宇宙船ぽいディテールを追加。
MG_TBFAG_back_tank.jpg

右横からのショット。
MG_TBFAG_side_R.jpg

最後にベースキットのMGオリジンガンダムの画像を貼っておきます。
これにプラ板とか別キットのパーツをミックスしたりしてサンダーボルトFAガンダムを作りました。
IMG_9285.jpg

もう少し早くMGサンボルFAガンダムが発売されていたらこれをすることはなかったと思いますが、スクラッチの経験がいろいろと積めて楽しかったです。
GBWCの結果は残念でしたが、サンダーボルトは大好きな世界観なので作品としては満足しています。

Category: 1/00 サンボルFAガンダム

Thread: ガンプラ制作

Janre: 趣味・実用

tb -- : cm 2   

旧キット選手権 台座作成+千葉しぼり展示当日 

旧キット選手権、台座の作業から、展示当日までを一気に書いちゃいます。

本体はなんとかほぼ完成しましたが、実は台座に思い入れを込めようかと思っていました。
これです。
jacket.jpg
サウンドトラック・レコードのジャケットイラストです。
当時、バイファムが大好きで、私がまだ中学生くらいだったと思いますが、小遣い持ってレコード屋で買いました。

このジャケットの電子基板のイメージを台座にしようと思いつきました。
よく見ると右下に「K.OKAWARA」と書いてあります。大河原邦男さんが描いていました。当時は気づいてませんした。

基板の導線部分をジャケットのイラストとできるだけ同じ形状になるように図面に起こし、カッティングプロッターでプラ板を切り出しました。
IMG_1768.jpg

LSIの部品もプラ板の箱組みで立体に起こします。ゲジゲジの足がめんどくさい・・・
IMG_1771.jpg
これもプラ板を切り出して接着していきますが、できるだけ同じ形状、角度になるように治具を作成。
IMG_1772.jpg

そして塗装・・・
IMG_1817.jpg
右の芋虫みたいなのは、イラストの左手前の「抵抗」素子です。エポパテで作成。

抵抗もサフ吹いて塗装します。
IMG_1818.jpg

で、台座完成!!
IMG_1825.jpg

バイファムを乗せてみます。
IMG_1835_2.jpg
展示のとき元ネタを知らない人のために、ジャケットイラストのパネルも作って添えました。

・・・で、11月5日(土) 第3回千葉しぼりの当日です。

今回は、旧キット選手権だけでなく、一般卓のほうにGBWC2014と2015の作品も並べて見てもらおうと思い荷物の量がたいへんなことになりました。
IMG_1836.jpg
車に乗せて、浅草橋・東商センターへ。

会場は去年と比べてかなり広くてゆったり。
IMG_1891.jpg
それでもすごい展示者の数で会場はごった返しています。

まずは旧キット選手権の作品を展示・・・
と思ったら、バイファムの頭部のアンテナがないですよ。梱包するところまではあったのになぁ・・・。
IMG_1867.jpg
前日、仕事で帰りが遅くなって、かなり適当に梱包した結果こういうことになってしまいました。反省。

気を取り直して、GBWCの2作品を展示。どっちも大きくて箱から出すのも大変でした。
汗をかきながら、展示会開始5分前にギリギリ完了。
IMG_1866.jpg

展示会は本当にたくさんの作品が並べられて、それぞれのクオリティが非常に高い。
数が多いので1つの作品に時間をかけると1日では見切れないのですが、さらっと見て終わるにはもったいないものが多数。
ネットでしか見たことがない有名な作品も多く、実物は写真とはまた違う迫力があり、楽しかったです。
本当にぜいたくな展示会でした。

午後から、旧キット選手権の審査結果発表がありました。
各協賛メーカーの賞、特別審査員ごとの賞、総合順位を順番に発表していきます。

正直なところ自分は到底賞は無理だと思っていたので油断しておりました。
ところが協賛メーカーの「ゴッドハンド」賞で名前を呼ばれて、超びっくりしました。

講評として「サントラの台座と旧キットバイファムを独自にアレンジしているのがよかった」という嬉しいコメントもいただきました。サントラジャケットというネタはその世代の人にしかわからないので、評価してくださる方に刺さったことは幸運でした。

なんとアルティメットカッターをもらいました! 一万円もする凄いツールです!
IMG_1882.jpg

実は、このアルティメットカッター、すでに持っておりましてこのバイファムの台座を作る際も大活躍しておりました。
1mmのプラ板なら何の抵抗もなく飴のようにさくっと切れます。
LSI素子の足を1mmプラ板でたくさん作るというめんどくさい作業を楽にしてもらいました。

アルティメットカッター 模型のプラバン工作ツール【ゴッドハンド】 GH-SPC-9-80

新品価格
¥11,124から
(2016/11/6 17:35時点)




プラ板加工をする人なら作業の時短になるよいツールだと思います。

あと、スピンブレードもいただきましたが、これも持ってましたw
ディテール好きなのでこれを買ってから、穴系のディテールの精度が上がってキレイにできるようになりました。
これもバイファムの丸ディテールで活躍してました。

スピンブレード

新品価格
¥2,295から
(2016/11/6 17:40時点)




そしてもうひとつ「パワーピンバイス」もいただきました。
これは持ってません!w
ピンバイスの軸は何本あっても困らないし、これにスピンブレードをつけてもいいらしい。

パワーピンバイス

新品価格
¥2,025から
(2016/11/6 17:42時点)




まだ使ってませんが、他のピンバイスとの使い心地の違いが楽しみです。

・・・と、うれしさのあまりゴッドハンドさんの宣伝しましたが、実際ゴッドハンドのツールはアルティメットニッパーはじめたくさんお世話になっています。


とにかく、賞品もそうですが、バイファムを見て評価していただいたことが何よりもうれしかったです。
GBWC落選で落ち込んでいた気持ちが少し救われました。

千葉しぼりは盛況のうちに幕を閉じて、夜はこれまた大人数の懇親会が秋葉原で開かれました。
たくさんの人と模型について思う存分話ができる楽しい会です。
その中で、WildRiver荒川さんが隣の席に来てくださり(ロクさんがお知り合いで、ロクさんのおかげです。ありがとうございます)、私の作品の話をしていただきました。
一般卓にGBWCの2014と2015の作品を置いたので見て頂けたとのこと。
なかなか正面から作品に意見をもらうことは少なく、かつ、それが尊敬するジオラマ作家の方ということで、本当に嬉しかったです。目から鱗のアドバイスもいただいて、今後の作品に確実に影響がある時間となりました。
これだけでも今回の千葉しぼりに参加してよかったと思えます。
ありがとうございました。

というわけで、本当にすばらしい千葉しぼり展示会に参加させてもらいました。
この機会を作っていただいた、n兄さんをはじめ運営の皆様、本当にありがとうございました。
また来年もぜひ参加したいと思っております。


Category: 旧キット選手権

Thread: ガンプラ制作

Janre: 趣味・実用

tb -- : cm 0   

GBWC2016 2次予選結果 

2016年10月31日月曜日、夕方、その日何度も公式サイトを更新していましたが、ついに結果が発表されました。
ドキドキしながらファイナリスト作品が掲載されるページを開き、上の段から順に見ていきます。
自分の作品の写真を探しながら。
最後の段までいって見当たらず、念のためもう一度見て、やっぱりありませんでした。

残念ながら私の今年のGBWCはここで終了です。


何が悪かったかなぁ、と色々と考えてしまいますが、その答えを知ることはないでしょうし、自分の作品のあら探しも悲しいので、「仕方なし」と受け入れることにします。

Twitter上では、多くの人から温かいコメントをいただきました。
GBWCとしての結果はここまででしたが、本当にこの作品を作ってよかったと思えました。
コメントいただいた方、RTやいいねをいただいた方、本当にありがとうございました。

そして気がつくとなんて多くの模型仲間ができたのだろうと、改めて思いました。
2年前のGBWCのときは、ほとんど知り合いもいなくて、オラザクも知らなくて、オフ会も行ったことなくて・・・
わずか2年の間にたくさんの人たちと、オンライン、オフライン問わず出会うことが出来ました。

これはGBWCのおかげがかなり大きいと思っています。
まだ来年のことは考えられる状態ではないですが、参加しなければお祭りに乗れないことを考えると、きっと何かしらの形で参加しているのだろうと思います。

今年の作品も、一昨年や去年の作品と比べてもお気に入りの作品です。
gbwc2016_1.jpg



<B面>
あぁ、悔しいなぁ〜。 秋葉のあのケースに入れたかったなぁ。

ファイナリストになったとき、搬入・設営のときのワクワク感が好きなんです。
一般の人よりも先に他のファイナリストの作品が見れたり、話が聞けたり。
設営後、ファイナリストで飲み会行ったりして、最高です。

表彰式のあとの打ち上げも楽しい。すべてのトロフィーが並ぶのはそのときだけです。
あの楽しいお祭りを知ってしまっただけに寂しく思ってしまいます。

もちろん自分の実力なので仕方ないです。
今年のファイナリストの方々の作品も素晴らしい作品ばかり。ガンプラEXPOで拝見させていただきます。
楽しみです!

Category: GBWC2016

Thread: ガンプラ制作

Janre: 趣味・実用

tb -- : cm 4