FC2ブログ
08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

ガンプラ道 徐行中

ガンプラやジオラマをゆっくりまったり作ったり作らなかったり

 

GBWC2017 世界大会の作品を見てきました! 

GBWC2017の世界大会の各国代表の作品の展示がもうすぐ終了ということで、お台場へ行ってきました。

寒かったですが良い天気でユニコーンの白い機体がとてもかっこよかったです!
IMG_5663.jpg

お台場で以前からやりたいと思っていたことがありました。
陸戦型ガンダムのジオラマをダイバーシティを背景に撮影したい!
これを作っているときにちょうど先代のRX78ガンダムが解体されるシーンをネットで見ていたので同じように頭部がクレーンで吊されている絵を見てみたいと思っていました。

というわけで撮った写真がコレ。
IMG_5658.jpg

なかなか思ったとおりの画像になって感動しました。
最初は背景がぼけてしまったのですが、しぼり設定(F値)を大きくしたところ、手前のガンプラと奥の背景がちゃんとピンとが合うようになりました。(この写真はF=16)

ユニコーンとのツーショットも撮れました!
IMG_5657.jpg

この作品に限らず、お台場でいろんなモビルスーツ(以外でも)を立たせて撮ったら楽しい気がします!
また別の作品もっていこうかなw

というわけで、本来の目的であるGBWCの作品のところへ。
ガンダムベース東京の中で展示されています。

優勝作品 フィリピン代表Mark MediavilloさんのEnemy Spotted

IMG_4817.jpg
写真で見ていたときは、よくわかりませんでしたが実物はやはり凄かったです。
パーツひとつひとつがとても丁寧に処理されていて、こまかくつなぎ合わせて全体を構成している。
巨大なモビルスーツとして、手前のグレイズとの対比もありすごい迫力を放っていました。

他の作品も5周ほどして何度もよーく見ましたが、さすが世界大会のファイナリスト、どれもすばらしい作品でした。
今年また自分もGBWCは参加しようと思っているのでコンテストに臨むにあたり気をつけたいところなどを色々と考えさせられました。

もうすでに動き出し始めているものの、もう一度練り直さないとダメかもしれないという気持ちになりました。

で、各国の作品を何度も見ているなかでふと気になったことが・・・

中国代表のサンダーボルトドムとその世界観を表したジオラマ作品です。
IMG_4813.jpg
上のドムだけでなく、下にはジオン兵たちがいて物語のワンシーンを再現していたり、物語の中の象徴的なアイテムのラジオが置いてあったりとサンダーボルトの世界をとても深く表現したすばらしい作品です。


自分も以前MGドムをサンダーボルトドムに改造したことがあったので、すごく親近感をもって作品を見ていました。
すると・・・ あれこのバックパックのデザイン・・・
img_4811_2.jpeg

原作(アニメでも)のサンダーボルトドムのバックパックのデザインはこのように
zion1_02_2.png
タンクが上に来て、プロペラントタンクは1本。

私が以前作ったサンダーボルトドムはこんな形です。
IMG_4341_2.jpg
本当は原作と同じように作りたかったのですが、当時の作品はドムが「踏み台」になる必要ががあり
タンクを上にするとガンダムが踏めないから(w)、あえてひっくり返してタンクを下にしたバックパックのデザインに変えました。
プロペラントタンクを2本にしたのは、そのほうがかっこいいかなと思ったからであまり理由はありません。

他にも自分しか気づかない原作にはない細かいディテールも結構共通点があったりします。
中国代表のドム
IMG_4811.jpg
自分のドム
IMG_4301 2

だから何なんだ!というのは特にないです。

共通点を見つけてちょっと嬉しくなり書いてみました。
偶然の一致もあるでしょうし、もし何かで知ってくれて参考にされたのなら嬉しいです。

やはり世界の作品にはたくさんの刺激をもらいました。
また今年も頑張ろうと思えるエネルギーをいただきました。

Category: GBWC2017

Thread: ガンプラ制作

Janre: 趣味・実用

tb -- : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret