FC2ブログ
08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

ガンプラ道 徐行中

ガンプラやジオラマをゆっくりまったり作ったり作らなかったり

 

RE/100 ガンキャノン・ディテクター 完成! 

RE/100 ガンキャノン・ディテクター 完成しました!
とりあえず完成写真を見てくださいまし!

こんな感じになりました。
IMG_GCD1.jpg

立ち姿、かっこいい。
IMG_GCD2.jpg

メタリック+ウェザリングに挑戦してみました。
IMG_GCD3.jpg

ひざは塗装はがれを表現するために塗装をはがしました。
今まではあとから書き込んでましたがこれは実際に削ってます。
IMG_GCD4.jpg

ひざ裏のパイプはキットではゴム製なのですが塗装が難しかったのでスプリングに換えてます。
IMG_GCD5.jpg



・・・というわけで、一応塗装の経過をちょっと紹介します。

まずはサフ。
IMG_4931.jpg
ガイアノーツのエヴォシルバーをサフとして吹きました。

こんな感じの質感になります。
IMG_4933.jpg
無骨な金属感が好みで一気にテンションがあがりましたw

この上にガイアノーツのクリアブルーを瓶の色のまま吹いてみます。
IMG_4938.jpg

おおお、楽しい!
IMG_4941.jpg
いわゆるキャンディ塗装はしたことがなく、そこまで繊細ではないですがやってることはちょっと近いのでしょうかね。
金属っぽい質感の上にウェザリングをすることで今までやったことがない雰囲気になればいいなと思って進めます。

基本塗装を終えて、デカールを貼った状態がこれです。
IMG_4970.jpg
超合金っぽい!w これはこれでアリなのですが、ここからウェザリングをしていきます。

デカールを保護するためとウェザリングの塗料を乗せるために、一旦トップコートを吹きます。
トップコートは半光沢をチョイス。

GSIクレオス Mr.トップコートスプレー 半光沢 B502




トップコート乾燥後、「Mr.ウェザリングカラー」の黒、グレー、茶をメインにフィルタリングしていきます。
筆でざっくざっくと塗りたくります。
IMG_4997.jpg

半乾きの状態から綿棒とジッポオイルで拭き取っていきます。
筆で塗るときは大ざっぱでOKですが、むしろ綿棒で拭き取るときに繊細に進めます。
IMG_5001.jpg
塗料をどう残していくのかがポイントです。
綿棒は惜しまずどんどん替えていきましょう。

フィルタリングができたら今度はチッピングです。
スポンジに塗料をつけてポンポン、は多少はやりましたが、今回は実際にデザインナイフを使って塗膜をはがしていきます。

下地にシルバーのサフを塗っているのでカッターで削るとシルバーが出たり、その下の成形色が出たりします。
成形色が出たときでも違和感なければ割とそのままでもOK。
プラスチック感が出てしまったときはウェザリングカラー(またはエナメル塗料)を筆で塗って綿棒で拭き取ります。
茶系をすりこめば錆びっぽくなります。
IMG_5012.jpg

均等に削っちゃうと面白みがないので、メリハリをつけるところがポイントでしょうか。
巨大兵器として運用されているうちにどのへんが痛んでくるんだろう、と想像しながら削るのはすごく楽しいです。

今回は約2週間という自分にしては短期で仕上げることができました。
最初はランナーの多さにびびりましたが、やはりMGよりはお手軽だったと思います。
RE/100シリーズは他にも作りたいものがいくつかあるのでまた何かやりたいと思います。

Category: RE/100 ガンキャノン・ディテクター

Thread: ガンプラ制作

Janre: 趣味・実用

tb -- : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret