FC2ブログ
12 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

ガンプラ道 徐行中

ガンプラやジオラマをゆっくりまったり作ったり作らなかったり

 

MG キュベレイ 制作 (3) 

MGキュベレイ制作 その3です。

前回、肩パーツの表側は紹介しましたが、裏側はこんな感じになっています。
IMG_9931.jpg
元のキットは意外とあっさりめのデザインになっているので、ボリュームアップする方向で
ジャンクパーツを選んでつけてみました。
上の黒いパーツはRGシリーズの何か(w)の足のフレームです。お手軽に情報量があがるので
メカチラ見え部分によくRGのフレームは使います。設定的にはキュベレイ系後継機(クシャトリヤとか)には隠し腕があったりするのでその流れでつけてみました。

バーニアは元キットの3連デザインを活かすかたちでプラパイプとバンダイのビルドパーツを組み合わせ作成しました。
まぁ、たぶんチラッと見えるくらいなのでこんな感じで大丈夫かなと。

続いて、この作品のキモとなるお尻部分のファンネルコンテナの工作です。
今回のテーマとして「ファンネルが増設された重爆撃キュベレイ」なので
とにかくファンネル数を増やさないといけません。

とりあえず割ってみる。
IMG_9929.jpg

間にはさむパーツを本体との接続部分もあわせて作ります。接続部分はネオジム磁石にして脱着可能に。
IMG_9933.jpg

ファンネルをマウントするパーツはプラ板を大量に切り出してひとつひとつ接着。
大変だけど意外とこういう作業は嫌いじゃないですw
IMG_9948.jpg

プラ板切り出しに欠かせないツールは、スジボリ堂さんのRPカッター
RPカッターの詳細はこちら
なかなか在庫がなくて購入が難しいですが、同じサイズで大量生産するには欠かせないツールです。

ひっくり返すとこんな感じ。びっしり収納できるように等間隔でフレームを作成します。
IMG_9951.jpg
これだけでも想定数よりは少ないかなと思うので左右にも拡張コンテナを追加します。
そのためのフレームは完全にプラ板でスクラッチ。(いい感じのジャンクパーツ探しましたが、ぴったりのものはなかなか見つからないですね。結局作るのが一番早いし求めるサイズになります)

左右のコンテナは、HG Gセルフ・アサルトパックからいい感じのパーツを見つけました。
ディジェの肩もアサルトパックのパーツでした。優秀w
IMG_9938D.jpg

そしてディテールとファンネルの基部を追加しました。
IMG_9956.jpg

裏から。我ながら頑張りましたw
IMG_9958.jpg

ここに50個のファンネルをマウントしていきます。

Category: MG キュベレイ

tb -- : cm 2   

コメント

ジャンクパーツと工作の使い方、そして塗装時にはどうしていくのか?今から参考にさせて頂きたいと思うことばかりです!次回更新も楽しみにしています!

カチャ #- | URL | 2020/11/22 16:05 [edit]

コメントありがとうございます

あまり工作手順の詳細が書けてないので、いつか工具の紹介などでそのあたりも書けたらいいなと思っています。
Twitterよりは細かい工程の写真を掲載していますので、写真だけでも参考にしていただけたら嬉しいです。
引き続きよろしくお願いいたします。

awaxy #- | URL | 2020/11/22 16:38 [edit]

コメントの投稿

Secret