01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

ガンプラ道 徐行中

ガンプラやジオラマをゆっくりまったり作ったり作らなかったり

 

メガサイズ始動! 

新作を開始しました。
ブログのタイトルが「ガンプラ道徐行中」なのに、ここ最近はベイマックス作ったり、カウンタック作ったりしてました…。
というわけで、久しぶりにガンプラの新作を開始します。

メガサイズ・シャアザクです。1/48。
PG(1/60)すら作ったことないのにいきなりのビッグサイズに挑戦です。
IMG_4590_t.jpg


ぶっちゃけ来年のGBWC用です。
今回は早々に作業を始めてしまおうと思い、このところずっとネタを考えていました。
いろんな可能性を考えて、テーマ選びも様々なガンダム作品を検討しました。

そして最後にたどり着いたのは、ド直球のファーストガンダム。
結局自分が作りたい気持ちを最大限に引き出せるテーマじゃないと
長丁場は無理ですし、いいものも作れないだろうと。

GBWCも今回で6回目の挑戦となります。
過去の挑戦としては、最初の即落ちした2013年を除くと
2014年 ファーストガンダム
2015年 08小隊
2016年 サンダーボルト
2017年 08小隊
2018年 ファーストガンダム ← NEW!!

厳密に言うと、ファーストガンダムというかジ・オリジンです。

テーマ選びは結果に大きな影響を与えるだろうと考えますので
正直この選択がいいのかどうかは不安です。
しかし、自分の中に「これを実現してみたい!」というシーンが降りてきたので
それを信じて進んでいきます。

まだ詳しいことは言えませんが、その構想のためのメガサイズです。

HGのオリジンシャアザクとの比較!
IMG_4604.jpg

でかい。思った以上にでかい。
1/144と1/48だと3倍の大きさですが、面積比だと9倍、体積比だと27倍です。

完成したあと絶対ジャマになるやつ…。
今でも大きい箱がジャマでしかたないのですが2018年さらにもう1個でかい箱が増えます。
ごめんなさい!!>家族


Category: メガサイズ・シャアザク

Thread: ガンプラ制作

Janre: 趣味・実用

tb -- : cm 0   

模型イベントいろいろ 

秋はなぜか模型イベントがさかんです。
個人的にも模型関係のイベントがありましたので雑記的に記録します。

【11月18日】
プラモロックフェスティバル(PRF)に参加してきました。
今年で4回目となり1回目、2回目と見る側でしたが昨年から展示させてもらっています。
3つの模型サークルが合同で、対戦形式で開催されわりとガチかと思いきや空気はゆるい感じが
なんとも居心地のよい展示会です。
展示会場のすみで麻雀してる人たちがいたりw

私が展示した作品はこんな感じです。
IMG_4458.jpg
今年のGBWCの作品と2015年の作品、シネマ選手権用に作ったベイマックスです。
今年の「現地改修」ですが、Ez8の頭を忘れてしまうという失態。どっちの頭をつけるか、という物語が成立してませんw
ザクの頭が搭載されるのを待つEz8です・・・。

頭だけ別の箱に入れて管理していたのがいけなかったので、ジオラマと同じ箱にしまうようにしました。

PRF・残党チームの今年の企画「オートモデル魔カスタムモーターショー」
ガチのカーモデラーがいない中で自由奔放にカーモデルを作ってみよう、という企画。

カウンタックの焼き芋屋さんを作りました。 制作記はこちらです。
IMG_4467.jpg

会場に見に来ていただいたお客さんの投票でランキングを決める「PRF杯」に参加した作品はこれです。
息抜きに作ったEZSR。
IMG_4461.jpg
PRF杯の怖いところは最下位になるとSNSの名前を変えなければいけないという罰ゲーム付きw
なんとか最下位にはならずにすみました。




【11月23日】
池袋のヤマダ電機アウトレット・リユースのガンダムフロアに作品を飾らせていただきました。
GBWC2016に参加した「踏み台」という作品です。
IMG_4485.jpg
GBWC2015の日本チャンピオン、ロクさんから紹介していただき展示となりました。
となりにロクさんのディアボロスも並んでおります。
模型は見てもらってなんぼと思いますので、こういう機会は本当に嬉しいです。
ロクさんおよびヤマダ電機さんありがとうございます。

しばらくは飾っていただけるかと思いますので、お近くにおいでの際はよろしくお願いします。
他にも色んな人のすごい作品がたくさん飾っています。



【11月25日】
GBWCの日本決勝の作品をお台場に見に行きました。

1/1 ユニコーン。昼に見るのは初めてです。バナージの気持ちで見上げます。カッコイイ。
IMG_5502.jpg

今年からGBWCの日本決勝はガンダムベースで行われます。
IMG_4499.jpg

決勝進出の作品はすべてWEB上で写真を見ていましたが、やはり実物は違います。
どれもすごい。 GBWCの面白いところは作風が多岐にわたっていてそれぞれの方向ですごい。
投票作品をひとつ決めなくてはいけないのですが、なかなか難しい。
悩んで悩んで投票しました。(どれに投票したかは内緒ですw)



【11月26日】
GBWC日本決勝の日です。
自分は参加していないのですが知り合いがファイナリストとして何人も出ているので表彰式が気になります。
ヨドバシカメラの買い物中に表彰式の時間になったので駐車場の車の中でスマホで観覧しました。

前日に見た作品は本当にどれもすごくてどれが選ばれるのかわくわくでした。

ジュニアコースは見事にめいちゃんが返り咲き。
表彰の壇上で声が詰まっている姿を見て思わずもらい泣きしそうになりました・・・。
今年が最後のジュニアコースへの挑戦ということで思いもひとしおだったでしょう。
確かに作品すごかったです。オープン顔負けの迫力でした。
がんばりが実って本当によかったと思います。
IMG_5536.jpg

そしてオープンコースは下田重工業さんが優勝!
下田さんとは2014年にファイナルでご一緒して以来、仲良くさせていただき
今回のデンドロビウムについても構想の段階から色々と話を聞いていました。
GBWCへ向かう姿勢、分析、こだわり、そして技術。
優勝を取りにいっての優勝なので、本当にすごいと思います。
日本代表おめでとうございます! そして世界大会頑張ってください!
IMG_5556.jpg

ほれぼれするキレイで迫力のある機体。50cm立方のレギュレーションいっぱいの空間を使い切るコンセプトがすごい。
IMG_5595.jpg

身近な人がチャンピオンになり、なぜ自分はヨドバシカメラの地下駐車場でスマホで表彰式を見ているのか。
「これでいいのか!?」という気持ちがふつふつとわいてきました。

正直、来年はオラザクに挑戦してみようかなと思っていたところでした。自分の作風的にジオラマ部門があるオラザクに挑戦してみようかと・・・。
しかし、下田さんの優勝によって自分の気持ちがもう一度GBWCで頑張ってみようという気持ちに変わりました。
来年もGBWCに全力で向かいます!

・・・と、気持ちが高まったところで、招待していただいたGBWCの打ち上げに参加させていただきました。
もう2年もファイナリストになってない身なので若干の躊躇はありましたが、あの華やかな飲み会の魅力には勝てませんでしたw
のこのこと参上しました。

毎年恒例となっているトロフィーをおがませてもらいました。
IMG_4513.jpg
下田さんとめいちゃんの金トロフィーダブルです。
毎年おがませてもらってますが、いまいち御利益はいただけてない感じw(自分の問題)

今年のファイナリストの人たちや歴代のチャンピオンがいる中、これも恒例になりつつある(?)
惜しくもファイナルに届かなかった作品たちを並べて供養することも行われました。

というわけで、私の陸戦型ガンダムも、ジオラマ部分ははずして持っていきました。(でかくて邪魔なのでw)
IMG_4524.jpg
写真ぶれててすみません。これしか撮ってませんでした。
色んな人に見ていただき供養できたのではないかと思います。皆さんに感謝です。

他にもCLAPさんのバルバトス。
IMG_4523.jpg
これほんとにすごかったです。 1/100と1/144のミキシングの妙で超カッコイイフォルムなのですが、本当にすごいのはそれだけではなくて、恐ろしい工作精度です。
繊細なスジボリとかパーツの薄さとかあらゆるポイントが本当に精度高く作られています。美しい。
ジュニアチャンピオンのめいちゃんが(バルバトスつながりということもあってか)、ずーーーーーっと見てました。
本当にずっと見てました。酒の肴になる模型ですw

それからkicksnareさんの作品。
IMG_4515.jpg
千葉しぼりの記事でも書きましたがこれもすごいです。歴代のファイナリスト、チャンピオンたちが作品見て笑い出すくらいすごいw
自分と同じく「これが落ちるかぁ〜」を連発してましたw

他にも色々とすごい作品がありました。全体では結構な大人数で話せない人、見れなかった作品ありました。残念。
同じくこんなにすごいのにファイナル進出ならずのRe-taさん、ムルチさんの作品。
本当に激戦だったのだと思い知らされます。
IMG_4518.jpg

毎年激戦が繰り広げられるGBWCですが、打ち上げの雰囲気は本当に楽しいもので
ライバルと言うよりは仲間という言葉が合うと思います。
すばらしい会に呼んでいただいてありがとうございました。とても楽しかったです。

来年のGBWCは何を作ろうか、とこの日以来考えていますが、今のところ「これだ!」というものは降りてきていませんw
しばらく悶々とした日々は続きそうです。

Category: 雑記

Thread: ガンプラ制作

Janre: 趣味・実用

tb -- : cm 0   

オートモデル魔カスタムモーターショー 完成! 

PRF2017の企画「オートモデル魔カスタムモーターショー」のための作品です。
いきなり完成写真をどうぞ。

もしもカウンタックの石焼き芋屋さんがあったら・・・ というテーマで作りました。
IMG_4437.jpg

カウンタックの後ろに石焼き芋屋の屋台が設置されています。
IMG_4434.jpg
前半分のかっこよさと後ろ半分の汚れ具合のギャップが出たら面白いかな、というネタです。

焼き窯はエンジンルームの上にあり、エンジンの廃熱と薪による熱で芋を焼きます。
IMG_4432.jpg
焼き芋屋さんにありそうな小物を積んでいます。トングとか新聞紙とか。
段ボールには薪や芋が入っています。

石焼き芋屋には欠かせない拡声器ももちろん積んでいます。
IMG_4423.jpg



さて、ここから制作中の画像になります。

「石焼き芋屋さん」の部分は基本的にすべてフルスクラッチです。
エンジンルームの上のフタのパーツを切って平らなプラ板に置き換え、その上に焼き窯を置きます。
プラ板をカットして箱組みです。
IMG_4345.jpg

屋根もプラ板です。 焼き窯は細かいディテールを追加しています。
IMG_4346.jpg

煙突はプラパイプを組み合わせています。
IMG_4348.jpg

拡声器は何か流用できるものがないか探しましたが、いいものが見つからず
結局スクラッチで作ることにしました。
IMG_4398.jpg


段ボールはネットにあったフリー素材を使わせてもらいました。 1/24スケールになるように縮小してペーパークラフト用の紙に印刷して組み上げています。使い込んだ感じにするためにフタの部分を曲げてよれよれにしました。

薪はジオラマ素材の本物の木の枝をカッターで割ったのである意味本物ですw
IMG_4419.jpg
芋は石粉粘土で形を作って塗装、土っぽさはタミヤウェザリングマスターでつけています。

のれん(?)は布なので質感を出したかったのでこれを使いました。

エーワン 布プリ アイロン接着タイプ 1面 3枚 33531




デジタルで絵を作成して印刷しました。
IMG_4413.jpg
本物の布なので出てくしゃっとしわをつけると布らしくなります。

看板もプラ板の組み合わせに印刷したものを貼ります。
IMG_4412.jpg

釜の中にはちゃんと石がひいてあります。石は鉄道模型の砂利素材を水溶き木工用ボンドで固定してエナメルのつや消し黒で着色しました。
IMG_4417.jpg
芋は段ボールに入っているものとは違い焼けています。

煙突や窯の塗装はラッカーのシルバー色をベースで塗った後、エナメルの黒をエアブラシで吹いています。
IMG_4404.jpg

拡声器のマウント部分やケーブルなどリアルになるように頑張りました。
IMG_4420.jpg
スーパーカーがここまで汚れている図はあまり見られないかと思います。
模型ならではじゃないでしょうかw

こういうテーマがあってこその今回の作品でした。自分からなかなかこれを作ることはないと思うので機会を与えてくれたPRFには感謝です。
楽しかった!

Category: 魔カスタムモーターショー

Thread: ガンプラ制作

Janre: 趣味・実用

tb -- : cm 0   

オートモデル魔カスタムモーターショー その1 

来る11月18日(土) プラモロックフェスティバルに参加します。
毎回さまざまな企画が催されるこのイベントですが、今年の企画のひとつ「オートモデル魔カスタムモーターショー」用の作品を作ります。
あまりガチのカーモデラーがいないメンバーでカーモデルに挑戦してみようと。
普通のカーモデルではなく「魔カスタム」したカーモデルを持ち寄ろうという企画です。

というわけで、何にしようかと考えました。
ウン十年前の子供時代にスーパーカーブームを経験したものとしては
カーモデルと言えば「カウンタック」でしょう。 子供のころに作った以来です。

カーモデルについてはまったくの無知でしたが調べるとカウンタックといっても色々出てるのですね。
そして選んだのはコレ。
アオシマのランボルギーニ・カウンタック LP400 1/24スケール
IMG_4273.jpg

これをどう「カスタム」していくのか、という点ですが、ほぼ「出オチ」なので完成までは控えておきますw

さっそくランナーをながめてみます。
最近のガンプラと比べるとパーツ数はそんなに多くないです。
IMG_4275_2.jpg

大きな違いは「スナップフィットではない」こと「クリアパーツが多い」こと。
この2点が思った以上に大変で最近のガンプラに慣れたモデラーとしては苦戦しました。

まずは仮組み・・・ なのですが、スナップフィットではないので接着剤なしでは形が作れません。
IMG_4342.jpg

幸いボディのパーツは一体成形なのでカスタムのイメージはこのボディを見ながら想定していきます。

整面作業の加減もよくわからないですが一応自分なりにやり、モールドの彫り直しもタガネでやりました。
ひととおりできたところで塗装に入ります。

LP400といえば「黄色」 なぜかは知らないですがそうすり込まれて育ちました。ちなみにLP500は赤。
IMG_4355.jpg

自分のガンプラの作風はつや消し、ウェザリングが多いので基本の塗装はそこまで気を遣わないのですが
車の場合はつるつるピカピカのイメージなので気を遣います。

コクピットの細かい塗装は面相筆で筆塗り。これは性に合ってるのか楽しかったです。
細かい作業大好きww
IMG_4361.jpg

カーモデルの見せ所のひとつ、つるつるボディの作業ですが・・・
クリアコートを最初エアブラシでやったのですが塗膜が厚い方がいいのかな?ということで途中で缶スプレーのクリアコートに変更。
IMG_4367.jpg
いずれにしても「うまくいった」感はなく、まだまだ修行が必要です。
今回はあまり時間もないのでそこそこ光沢がでたところで一旦終了。

テールランプなど車らしいパーツがついてくるとテンションが上がります。
IMG_4376.jpg

また、塗装が終わると接着剤で組み上げていくのですが、あまり慣れていない「クリアパーツ」の扱いが結構苦手でした。
普段なら「失敗してもなんとかなる」というスタンスなのですが、このクリアパーツは失敗するとリカバリーがすごく大変です。
例えば透明のところに接着剤がはみ出てしまったら、どうごまかしていいかわかりません。塗装もできないしウェザリングもできません。

あちこちはみ出したり失敗したりしつつ進める中で自分なりにひとつ気づいたことがありました。
(ちゃんとしたカーモデラーの人にはもっと色々方法があるのかもしれませんが)
接着剤を普通の溶剤系ではなく

タミヤ クラフトボンド 87078




これだとプラや塗膜を侵さない上に失敗したらペリペリっとはがれます。
そのわりには接着力もあります。
慣れない自分としてはリカバリー可能な接着剤として後半に採用していました。
難点は感想が遅いことでしょうか。

というわけで、カスタム前の「普通のカウンタック」として一旦撮影してみました。
IMG_4387.jpg

IMG_4393.jpg

IMG_4395.jpg

おお、カウンタックだ。なかなかカッコイイ!

実はこの作業と並行して「カスタム」用の作業もしていますがそれは次回の記事でかかせていただきます!

Category: 魔カスタムモーターショー

Thread: ガンプラ制作

Janre: 趣味・実用

tb -- : cm 0   

千葉しぼり・シネマ選手権に参加してきました! 

去る10月28日(土)、千葉しぼり展示会に参加してきました。
個人的には今年で3回目。 一昨年はディフォルメ選手権、去年は旧キット選手権と参加し
今年は、シネマ選手権です!

映画をモチーフにジオラマ(ビネット)を作りましょう!というコンテストです。
このブログでは以前から制作記を上げていますが
ベイマックスで参戦しました。
IMG_4302.jpg

卓に並べてみてまず思ったことは「思ったよりも地味だ・・・」ということ。
本体が大きいので多少は見栄えがするのではと思っていましたが、思ったよりも小さくまとまった感じで今ひとつ存在感が出せてない感じでした。 やはり「高さ」が重要ですね。来年は気をつけます。

というわけで、シネマ選手権の作品で目についたものをいくつかご紹介。

とその前に、どうでもいい前置きなのですが、今回千葉しぼりの日と子供の発表会がかぶってしまい
どうしても日中、千葉しぼりの会場を離脱しなくてはならなくなりました。
例年、すごい数の作品とモデラーの方々がひしめく会場。丸一日いても足りないのに
日中3時間ほど離脱せざるを得ませんでした。 例年以上に限られた時間で作品を見たり
モデラーさんたちと話したりで超バタバタでした。

以下に紹介させていただく作品はあくまでごく一部でたまたま写真に撮れていたものです。
これら以外にも本当に本当にすばらしい作品があり、全部紹介できないのが心苦しいですが
そのすばらしい作品たちの一部をご紹介させていただきます。

「第9地区」のジオラマ。メカがかっこいいのと動きのあるジオラマで見入ってしまいます。
IMG_4292.jpg
選手権2位を受賞されていました。すばらしい。

「ドラえもん のび太の恐竜」のジオラマ。キャラクターがリアルタッチwww 
IMG_4310.jpg
こちらがシネマ選手権1位となりました。元ネタの雰囲気を見事に再現しつつタッチのアレンジで魅力アップw
本当にすばらしい作品で、1位は納得!

個人的にインパクト最強の作品がコレww
IMG_4297.jpg
「フィフスエレメント」 すみません、観てなくて元ネタ知らないのですが、知ってるとか知らないとかじゃないインパクトがあります!
GBWC去年と今年の2年連続ファイナリストのことまーさん。 なんという作風の幅広さw

つづいて「逆襲のシャア」より、ニューガンダムのシートがはずされるシーン。ぶちゃさんの作品です。
これなんと1/35ニューガンダムはフルスクラッチ・・・。凄すぎます。
IMG_4285.jpg
シーンのチョイスも個人的にはツボでしばらくずっと見入ってました。


もちろん今年も一般卓でも参加しました。
今年は以下の2作品。

「踏み台」 サンダーボルトの世界観でガンダムがドムを踏み台にしているシーンです。
IMG_4309.jpg

「現地改修」 できたてのGBWC作品です。
IMG_4305.jpg
たくさんの人に見ていただき、「写真じゃわからないところが見れた!」と言ってもらえて嬉しかったです。

他の一般卓の作品。これもシネマ選手権以上にたくさんの作品がありました。
時間がなくて全部見ることすらできませんでした。 ごく一部ですがご紹介。

下田さんのドム。イラスト再現というコンセプトで1/144とは思えない存在感。さすがです。
IMG_4283.jpg

なおきちさん。とにかく美しい。精度の高い工作ときれいな塗装でうっとりです。
IMG_4293.jpg

KAZさん。ディテールとデカールの情報量が超ツボです。たくさん並んだ作品の中でもぐっと目をひきました。
IMG_4289.jpg

Kiraさん。カラーのチョイスがすばらしく、上品にまとまっていて目をひきました。自分には真似できないので憧れます。
IMG_4290.jpg

Kicksnareさんの今年のGBWCの作品。
IMG_4295_2.jpg
写真では見ていましたが実物はもっとすごかったです。これはGBWCのファイナルのケースに入って輝く作品だと思いました。
ファイナルに残れなかったのが本当に残念でなりません。本当にすごかった。これが落ちるのかぁー・・・と10回くらい言ってましたw

ウィーゴのコーナーのMASAKIさんの作品です。
IMG_4331.jpg
マシンのフォルムもディテールもカッコイイ! ウィーゴのかわいさとのバランスも絶妙でずっと見てられました。

というわけで、全体の中のほんのごく一部ですがご紹介させていただきました。
家庭の事情で会場の滞在時間が短く、見ることすらできなかった作品も数多くありました。
モデラーの方もご挨拶したい方たくさんいたのに結局あまりできませんでした。
すごく楽しかったのですが、そこは若干心残りです。

ところで、会場を離脱している間、表彰式が行われてそこにも参加できなかったのですが
審査員の先生方の講評の際に私の作品を取り上げていただいたと、会場に戻ってから聞きました。

松本修平先生が、一般卓の2作品をほめてくださった(らしい)とのこと。
帆足タケヒコ先生が、ベイマックスをほめてくださった(らしい)とのこと。
あああああああー なんたる不覚!! そんな場所にいられなかったのは本当に残念です。
こんな機会もうないかもしれないのに・・・(泣)

膨大な数並んだ作品の中で取り上げていただけるのは本当にありがたく、その場にいれなかった
失礼が申し訳ないです。

午後5時、会場は撤収となり、場所を秋葉原にうつして恒例の懇親会へ。
作品が大きくて車なのでお酒は残念ながら飲めません。
それでもすごいモデラーさんたちも参加する貴重な懇親会。参加させてもらいました。

思えば3年前のこの懇親会では知り合いも少なかったのが、徐々に知り合いも増え
この日初めましての人とも話ができたりして、本当に楽しい時間を過ごせました。

飲み会の場でもあちこちで模型がテーブルの上に展開されていました。
ピロセさんの陸戦型サザビーも生で見せてもらいました。ディテールが超好みです!
IMG_4335.jpg
ピンぼけ写真ですみません。お店の照明が暗くて(言い訳)

楽しい楽しい千葉しぼりの展示会+懇親会は無事おしまいとなりました。
n兄さんをはじめ、千葉しぼり展示会の開催に尽力してくださったスタッフの皆様、毎年ありがとうございます。
来年も是非参加させていただければと思います!

Category: 雑記

Thread: ガンプラ制作

Janre: 趣味・実用

tb -- : cm 0